ひとが持っているパワー

かつてない規模の揺れと、想像をはるかに超えた津波の恐ろしさ、
日々映し出される被災地の惨状を見るたびに、ただただ言葉を失ってしまう。

被災地の方々のことを想うと胸が痛い、

ひとが持っているパワーを信じたい、そして自分に出来ることをしていきたい、
何気ないことで笑い合える日常が、被災地の人たちに一日も早く戻ることを願うばかり。

先日、停電の夜に月灯りがとても明るかった。

パティ・スミスのこんな歌が、頭の中で繰り返し鳴っている、People Have The Power

春の訪れ

広告
カテゴリー: 徒然. 16 Comments »

コメント / トラックバック16件 to “ひとが持っているパワー”

  1. JUN Says:

    今日でちょうど1週間。
    くまさんの所は停電がある地域なんですね。
    今は停電により少しでも世の為、被災地の為になるならば
    全く不便に思わない気がします。
    『停電の夜に月灯りがとても明るかった』くまさんのこの言葉にも
    そんな気持ちが込められているように感じました。
    1日も早い被災地の復旧を願います。
    でも心のケアがとても心配です。。。
     

    • 森のくま Says:

      こんばんは
      この1週間は色んなことが混乱しておりました。
      計画停電や電車の運休やガソリン不足や食糧の買い占めやら…、
      それでも日常は続いていくので、こういうときこそ落ち着かなきゃ、
      などと思いながら日々過ごしております。

      夜に停電したとき、やたらと月の灯りが明るくてさ、
      月灯りで何が出来るわけじゃないけどさ、なんかホッとしたよ。
      小さい子供たちの心のケアもこれから必要だろうね~。

  2. すのうまん Says:

    こんにちは。
    おげんきそうでよかった。
    一週間が早かったですね。
    そして、一週間すら区切る気持ちになれないくらい、毎日が忙しいですね。
    とにかく、無事でよかった。

    • 森のくま Says:

      こんにちは
      色々と混乱しながらも、元気でございます!
      大きな被害はありませんでしたが、海沿いの街に住んでいるので、
      地震当日は避難勧告なども出ていて、かなり騒然としていました。
      長年住んでますが、初めて津波の恐怖に脅えた気がします。

      計画停電などで色んな不便もありますが、
      被災地のことを想うと、どうってことないと思います。
      憂えてばかりもいられないので、前向きにいきたいと思ってます。

  3. うまこ Says:

    くまさん、今日本ではいろんな情報が錯綜していて、何を信じどうやって行動したらよいのか、本当に頭がおかしくなりそうですよね。
    普段、子どもたちを相手に情報リテラシーなるものを説いていかなくてはならない立場の私ですが、なんだか今回のことでは自分が試されているような気がします。
    それに命や住む家をなくしたたくさんの方や寒さに震えている方を思うとたまりません。
    今回の地震では起こった当日より時間がたてばたつほどじわじわと怖さが分かってくる気味の悪さを感じます。
    いろいろ大変なことはあったけれど、日本が立ち直ってきてよかったね、と笑って話せる日が一日も早く来るといいですね。

    • 森のくま Says:

      こんばんは
      インターネットの時代ということもあり、色んな情報が錯綜してます
      ね~、情報を選択するのも大変ですよね。自分自身が判断するのも
      大変なのに、子供達にそれを教えるとなると更に大変な作業ですね。
      子供達も地震によるストレスを大人以上に抱えてるでしょうし。

      一瞬にして家や家族を失った悲しみは想像を超えるものと思います、
      地震から一週間経って更に悲しみが深くなっていくような気もします。
      と同時に献身的に活動するひとたちの姿に、大きなパワーを感じます。

  4. Misa Says:

    こんばんは☆
    長い長い一週間でした。
    そしてこの瞬間も、原発の場所で危険な作業をしている方々、
    避難所で不安なときを過ごしている人々がたくさんたくさん…
    明日は今日よりも、全てがいい方向に行きますように。
    毎日それを祈るしかありません。。。

    • 森のくま Says:

      こんばんは
      色んな混乱の中で、ほんと長い一週間でしたね、
      危険な場所で作業している人たちのことを思うと、ほんと頭が下がる
      思いです、海外からも救助グループがどんどん来ているし、ひとの
      パワーを凄く感じます。感じてるばかりじゃしょうがないけど。

      一日も早い復興のために、個人として出来ることをしていきたいと
      思う日々です。たとえ小さな支援だとしても、小さな支援がたくさん
      集まれば、何かの助けになるかな、などと考えております。

  5. フォレ Says:

    こんばんはー
    うん、自分もめっちゃ長かったです…
    自分の最近の口癖『今日何曜日??何日??』でした(--。
    そんでもって今夜の震度5もびっくりしたー@@
    海沿いはいなぁ~なんて思う事も時たま有るんですが
    津波の驚異を見せつけられ…今はただ内陸に居る事を
    運が良い、としか思えませんです。
    助けたい、なにか支援したい、その気持ちが充分支援になっています。
    自分も停電の2日間、夜は空ばかり眺めて居ました。
    地球に生きるって、大変なんですね。その恵もとても偉大ですが。

    • 森のくま Says:

      こんばんは
      確かにこの一週間は、なんか曜日感覚がなくなるほど長かったね~。
      相変わらず余震が続いてるね、さっきのも大きかったよね、
      余震のストレスって気づかないうちに貯まってるような気がする。

      海沿いの街に住んでて海まで5分の距離なので、今回の地震では
      避難勧告も出ていたから、当日の夜は朝まで津波の恐怖に脅えたよ、
      でも生まれ育った街なので、ここを離れることは考えられないな~。

      ようやくライフラインが復旧した大変な状況で、
      コメントありがとうね、フォレさん!落ち着いたら是非、海沿いの街
      に遊びに来てくださいな、海の恵みをご馳走させてくださいませ。
      そうそう、ボウリング場もあるからね~!あと水族館もあるぞ!

  6. ニコラス Says:

    停電の夜ってホントに星が綺麗でした。

    • 森のくま Says:

      おはようございます
      停電の夜、星も綺麗でしたね~、昨日は満月だったし!
      自然の脅威を感じるとともに、普段忘れかけていた自然の優しさや、
      有難味を感じた一週間だったようにも思えます。大きな被害を受けて
      ないから、そんな風に思えるのかもしれないけど…。

      このような状況でも確実に季節は春に近づいているので、
      東北にも一日も早く暖かな季節が訪れて欲しいと思います。

  7. たんたん Says:

    こんにちは。

    群馬県も大変なことになっていました。
    みんな、我先に!。。。。。
    こんな人たちのおかげで燃料騒ぎ、食料品騒ぎと
    仕事にならない一週間でした。
    停電も、夜の商売には大打撃です。
    今は放射能漏れが大変な話題になっていますね。
    メルトダウンだけは避けたいところですが、レベル5は危険なことに
    変わりありません。チェルノブイリのような事故は決して起こしては
    いけません。
    今はただただ祈るしかないでしょう。
    そして、被災地の方が早く元の生活に戻れますように・・・・・。
    スーパーで買いだめしてる場合じゃないと思うのですが・・・・
    募金もしない人たちなんでしょうが・・・・・

    追記
    たんばらスキー場もいま、閉鎖中です。
    サラダパークは、閉店になってしまいました・・・・・。

    • 森のくま Says:

      こんばんは
      スーパーに行くと「あああ、なんてこった…」てな感じで、
      なんか寂しい気持ちになります。色んな心理があるんだろうけど、
      「ここまで買い占めなくても…」と思ったりしちゃいます。
      肉や野菜やお惣菜などは普通に売ってるんだし。
      ガソリンスタンドの長蛇の列を見ても、「あああ…」って感じですね、
      仕事で車を使うひとにとっては、この状況はほんと大変ですよね。
      夜の商売の大打撃も、まったくもって同感です。

      福島原発の今後もほんと気になりますね、
      まずはこれ以上被害が拡大しないことと、復旧作業しているひとたち
      が事故に遭わないことを、祈るばかりです。

      サラダパークも閉まっちゃってるのか…、閑散としちゃいますね…、
      あああ、子供たちの憩いの場なのに…。

  8. @suzu Says:

    こんばんは 
    東北の方は毎月出張に行って時期もあり、おおくの仲間が住んでいるところです。なので津波で根こそぎ持っていかれる映像を見ると悲しくてなりません。自然と言うものはかくもこう残酷なものかと考えさせられました。名取の駅もきれいになり、駅の周辺も整備されて来たところなのに悔しいね。

    • 森のくま Says:

      こんばんは
      仙台は昔一年ほど住んでいたことがあって、友達もいるし色んな思い
      出もある場所なので、今回の震災はなんともやりきれないです。
      とても住みやすい場所だったし、魚も抜群に美味しかった。
      地元に帰る新幹線の中で、亘理町名物の「はらこめし」の駅弁を食べ
      るのがいつもの楽しみでした。

      ほんと自然は残酷ですね、自然に対する畏怖の念を抱きます。
      海沿いの街に住んでいるから、地震があるといつも津波を気にしてま
      したが、今回ほど津波の恐怖を感じたことはありませんでした。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。