グイドの姿

それにしても立派な駅だな~、などと思いながら、
たまプラーザ駅の天井を朝っぱらから、ぽけ~っと眺めたりしていた3月の終わり。

光が射しこむ駅

光がたっぷり射しこむ設計になっていて、天気のよい日はなんとも気持ちがいい、
そんなたまプラで夜は久しぶりに焼き鳥などをつまみながら、梅酒などを飲んだりしてみた。

ハツやらレバーを食べる夜 焼き鳥屋さんのラーメン

初めて入ったお店だったけれど(というか、たまプラで飲むこと自体初めてなわけなんだけど)、
雰囲気もいいし焼き鳥も美味しかった、〆には鶏のスープがさっぱりしてて美味なラーメンを食べる。

そんなたまプラも焼き鳥もさておき、春はイタリアが似合うので、久しぶりにこんな映画を観る。

大好きな映画のひとつ
『ライフ・イズ・ビューティフル』 ロベルト・ベニーニ監督 1997年作品

ロベルト・ベニーニを知ったのはジム・ジャームッシュの映画『ダウン・バイ・ロウ』、
ジャームッシュの映画は10代の頃からよく観ていて、さらに『ダウン・バイ・ロウ』には、
大好きなトム・ウェイツも出演していたので、「こりゃ!観にいかなきゃ!」って感じで映画館へ。

その『ダウン・バイ・ロウ』で、クールなトム・ウェイツとジョン・ルー・リーに挟まれながら、
ユーモアたっぷりな演技で異彩を放っていたのがロベルト・ベニーニで、すっかり彼のファンとなる。

そんな俳優として活躍していたロベルト・ベニーニが初めて監督に挑戦した作品が、
この『ライフ・イズ・ビューティフル』となり、公開当時横浜の映画館で観た記憶がある。

舞台は第二次世界大戦前夜の北イタリア、前半はベニーニ扮するグイドと
彼がひと目惚れしたドーラ(ニコレッタ・ブラスキ)との出会いがロマンチックに描かれる。

そして二人はジョズエという可愛い子供を授かり、5年の歳月が過ぎる。

後半では戦争によって引き裂かれてしった家族が描かれ、前半とは全く異なるトーンで物語は展開されていく、
どんな状況でもユーモアの気持ちと優しさを忘れないグイドの姿が、今でも深く心に残っている。

忘れることのできない、自分にとって大切な映画のひとつ。

ちなみにドーラ役のニコレッタ・ブラスキとロベルト・ベニーニは実際に夫婦で、二人はこの映画とともに
『ダウン・バイ・ロウ』でも共演していて、そこでもベニーニはニコレッタにひと目惚れする役だったりする。

広告
カテゴリー: 映画. 18 Comments »

コメント / トラックバック18件 to “グイドの姿”

  1. Mark & Risbeau Says:

    森のくまさん
    お久しぶりです。
    その後地震の影響はいかがですか?お見舞い申し上げます。
    くまさんの周辺では、地震後も食い道楽と音楽、映画と同じペースで生活が永ているご様子を拝見して安心しました。
    僕の方は、去年終わり頃から月一のペースで嫌いな飛行機に乗って遠くに出張に出かける生活が続いています。お陰様で、今まで行ったことないようなところもたくさん行くことになりました。やっぱりアメリカは広いな~。
    当分不自由な生活を強いられることと思いますが、お体には十分気をつけてくださいね。

    • 森のくま Says:

      こんばんは!
      お久しぶりで~す、コメントありがとうございます!
      計画停電などがある状態ですが被災地に比べれば、なんてことない
      程度のことです。こんな経験は初めてですが、今の日本の状態をニュ
      ースなどで見ていると、改めて日本人でよかったなどとも思います。

      地震の後、一週間ほど気持ちが落ち込みましたが、いつまでも憂いて
      いても仕方ないので、徐々に普段の生活に戻しております。
      忙しそうですね~、飛行機で移動するほどほんとアメリカは広いです
      もんね~、日本人としてのアイデンティティーを強く感じる今日この頃です!

  2. kominatosen Says:

    おはようございます。
    たまプラーザ!夫の実家の沿線で、学生のとき使っていた地下鉄の行き先にもなっていて、昔はやったドラマの舞台になっていて、そしてそして何よりも『プラーザ』の“ー”(のびるところ)が意味不明で、もしかしたら宇宙人が住んでいるところかも、日本円が使えないところかも、・・と勝手に想像をたくましくしていたところUFO発着基地みたいな天井の駅!!
    お料理などは普通のものを食べてるようですが、火星人とかいましたか?それから日本語は通じますか?

    • 森のくま Says:

      こんばんは
      あらま!旦那さんの実家の沿線でしたか!ドラマといえば、
      あのドロドロとした金妻ってやつですよね~!なんとなく記憶にあります。
      そうそう!プラーザの「ー」が気になりますよね~、確かスペイン語
      だったと思いますよ~、美味しいスペイン料理のお店もありますよ。

      初めてのたまプラでしたが1週間ほど通っていたので、美味しいお店を
      2軒ほど見つけました~!節電などで街はいつもより薄暗いですが、
      せめて心の灯りは煌々と、灯していたいと思います!日本語通じるよ~!

  3. たんたん Says:

    こんにちは~(´・ω・`)!
    たまぷらーざ駅でのんびりしたのですね~^^
    天井がとっても明るくて開放的ですね~!
    あはは!焼き鳥に梅酒なんて最高じゃないですか~。
    レバーください!
    鶏がらスープ、とってもおいしそう~。
    鶏がらといえば、この前チキンラーメン食べました・・・(沈)

    あれえ??ライフ・イズ・ビューティフルってどこかで聞いたことが
    あるんだけど、内容が思い出せないので違うかな・・?
    この映画は、ユダヤ人の方の昔の話なのですね。
    1937年か・・・・。大変な時代だったでしょうね。
    こういった昔を題材にした映画、私も大好きです。
    そして、くまさんのレビューはいつも参考になります。
    これからもいろいろな映画を紹介してくださいね☆(ゝω・)v

    • 森のくま Says:

      こんばんは
      たまプラで朝っぱらから、のんびりしておりました~!
      とても綺麗な駅で、なんとなくヨーロッパの雰囲気も感じたりしました。
      地震後、久しぶりに飲んだものでビールの後、ちょびちょび梅酒!
      〆の鶏の出汁がたっぷりなラーメンが、とても美味しかったです。

      この映画はとてもせつないんだけど、忘れられない映画です!
      イタリアの映画は『ニューシネマ・パラダイス』にしても、ライフを見事に
      描いていると思います、ユーモアとせつなさが同居している映画が多い。
      レビューってほどのものではないですが、何かのきっかけになれれば、
      などと思いながらトンチンカンな感想をこれからも書いてくぞ~。

  4. Misa Says:

    おはようございますー♪
    たまプラーザなんて行ったことがないやい!!でございますー。
    あのあたりは全然ご縁がありません。
    でも女子情報誌は、こっち方面のお店がたくさん載っているので、
    お散歩したら楽しいかな。

    ああ、この映画…観ていませんが、子供がごみ箱?の中から
    父親を見ているシーン、すごく知っています。
    ゲームと偽って、子供を怖がらせないようにして、最期まで
    おどけてみせる…っていうやつですよね。
    予告の動画も前半と後半は全然イメージが違いますね。

    私は子供のころ、アンネの伝記を読んだとき、あまり意味が
    わかりませんでした。
    ユダヤ人だから隠れている、っていうことが。
    それよりも隠れ家生活のエピソードにわくわくしたりして。

    過去も今もそういう悲しいことがこの世の中には多すぎますね。

    • 森のくま Says:

      こんばんは
      小生も初めてたまプラに行きました~!にこたまは行ったことあるけど。
      なるほど~、女子情報誌はここら辺人気なのか~、とても綺麗な街ですね~。
      そうそう桜並木もありましたよ~、まだ全然咲いてなかったけれど。

      そうそう、ごみ箱に隠れるんだよね~、最期まで我が子に
      不安を与えないようにおどけるグルドの姿に、強く心打たれました。
      そういえばアンネの伝記って読んだことないんだ~、やっぱり読んで
      おくべきなんだろうなあ。悲しいけれど悲しみのない世界はないね~。

  5. フォレ Says:

    こんばんもっこりー
    自分も地震の前の日、焼き鳥食べてました!
    今思い出しました!クビがすきっす、あとハツー♪
    ライフイズ~ラストで目を『ぎゅー><。』って摘むってしまいました…
    いろんな戦争映画を見てしまったのですが、コレも心に残る作品です。
    もっこりなんて挨拶してしまって、イマイチ説得力に欠けますが。
    戦場のピアニストが怖かったです><。シンドラーも…容赦ないんすもん。

    • 森のくま Says:

      こんばんもっこり~!
      やっぱり地震の前には焼き鳥だよね~!クビが好きって渋いね~。
      そうそうハツは美味い!ついでにモツも好きです。あとウズラの玉子!
      地震の後、全然飲む気にならなくて、ようやく久しぶりに飲んだよ。

      この映画は人間の残酷さと強さが見事に描かれているような気がする。
      戦争映画では『地獄の黙示録』がもっこり!ん?使い方違うか…。
      『戦場のピアニスト』と『海の上のピアニスト』が頭の中で混乱中、
      ついでに『海の上のピアニスト』と『崖の上のポニョ』が判別困難。

  6. jun Says:

    おいしそうな焼きとり☆そして今夜はラーメンを食べようかとふと思ったりしてますっ
    ライフイズビューティフル☆記憶に残る一作ですね~。特に後半が印象深い。グイドの子を守りぬく姿もそうだけど、ドーラの『私も乗ります』っていう行動も忘れられないっ。
    今一番驚いたのは実際にこの二人が夫婦だったって事は知らなかったです!へぇー!!そうだったんだ!

    • 森のくま Says:

      こんばんは
      地震後、久しぶりに焼き鳥で一杯やりました~!ラーメンといえば、
      マルタイラーメンがここ数年、マイブームとなってます。マルタイって、
      確か九州だったよね~?棒ラーメンのあの麺がすごく好きです。

      「私も乗ります!」のシーンもじ~んとくるね~!前半と打って変わった
      後半だけど、あのラストはよかったな~、そうそう、『ダウン・バイ・ロウ』で共演した
      二人の素敵なワンシーンが今ユニクロのTシャツになってるよ、買っちゃった!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。